Kindle Unlimitedで18万冊の蔵書を手に入れよう

みなさん、AmazonのKindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)ってご存知ですか?
「電子書籍の読み放題」だとご存知の方も多いですよね。

要は「たったの980円で読みたい本をたくさん読めて、とってもお得!」という今流行りの定額制サービスなんですが、今回は、その本当のメリットについて書いてみました。

私は、最近になって、その「本当のメリット」に思い当たり、2年振りにKindle Unlimitedに再登録しました。
もっと早く気づけば良かったって思ってます。

詳しくは今から説明しますけど、月に1000円以上は本を買っているなら、Kindle Unlimitedって、相当オススメですよ!

Kindle Unlimitedとは?

まず、Kindle Unlimitedのサービス内容を記しておきますね。

Kindle Unlimitedの概要
  • Amazonによる電子書籍読み放題サービス
  • 月額980円(税込)の定額制
  • 読み放題対象はKindle本(電子書籍)の内の18万冊(洋書入れると100万冊以上)
    ※Kindle本の全てじゃないんです!
  • 対象書籍は固定されておらず定期的に入れ替わる
  • 同時に利用できるのは10冊まで

これは言い換えると月額980円で18万冊の蔵書を手に入れるようなものです。

どんな人に向いているのか?

サービス内容をご理解いただけたでしょうか。
本をよく買う人なら誰にでもメリットがありそうですよね。

ところが、これ、万人向きじゃないんです。
そして、そのメリットは「読みたい本をたくさん読める」って事でもないんです。

本当のメリットは、ちょっと違う所にあります。

先に書いちゃいますが、Kindle Unlimitedを活用するべき人は、自己啓発や資格取得などで勉強をしているような人です。逆に「読みたい小説がたくさんある」と言うような、いわゆる「読書好きな人」には案外向いていません。

理由は、読み放題対象の書籍数です。

上記の通り、その数は和書で18万冊と言われていますが、これ、決して多いとは言えません。

確かに18万冊ってすごい量ではあるんですけど、例えばApple Musicなどの音楽配信の定額サービスなら、数千万曲が対象だったりします。それに比べると18万って相当少ないですよね。
もちろん音楽と書籍では、単純には比べられないとは思いますけど、でもやっぱり18万と数千万って相当に大きな差です。

実際、私個人の体感で言えば、「あの本、読み放題に入ってるかな?」と思って特定の本を探すと90%以上は読み放題対象に入ってないんです!

要するにKindle Unlimitedは「読みたい本」が先に決まっているような、通常の読書には概ね使えないんですね。残念!

どんなメリットがあるのか?

逆に、「○○について書かれた良い本はないだろうか」という探し方で活用するなら、ほぼ確実に良書を見つける事ができます。私の体感で言えば99%は見つけられます。

読みたい本は入ってないかもしれないけど、読むべき本は見つけられるんです。
愉しむ為の読書には向いてないけど、調べる読書や学ぶ為の読書には適しているんです。

それがKindle Unlimitedです。
活用すべき人は「学ぶ人」だって事がご理解いただけたかと思います。

では、「学ぶ人」にとってKindle Unlimitedにはどんなメリットがあるのでしょうか。
私は4つのメリットがあると思っています。

Kindle Unlimitedのメリット
  1. お金を節約できる
  2. 時間を節約できる
  3. 本当に必要な本に辿り着ける
  4. 知らないジャンルにも迷いなく飛び込める

私の場合、元々、プログラミングの勉強などで、月に3冊程度は書籍を購入していました。5000円は超えちゃいますね。
で、買う時って、類書を何冊も比較検討して、割と時間を掛けて悩んだ末に1冊に決めて買います。
それなのに、買った1冊は結果的に「ハズレでしたー!」って事も結構ありました。

要するに、「毎月数千円分の書籍を結構な時間を掛けて選んで買ってますが、そこそこ外してます」と言う、ちょっと残念な状況があった訳ですね。

これがKindle Unlimitedを活用すると解決しちゃうんです。

Kindle Unlimitedが解決する事

使用前・使用後みたいに纏めますね。

お金を節約できる

【登録前】買った本に満足できず別の本も買ったので出費が増えた
【登録後】読んだ本に満足できず別の本も利用したが定額制なので出費は増えない

時間を節約できる

【登録前】予算に限りがあるので時間を掛けて慎重に本を選んだ
【登録後】追加出費なく次の本を試せるので時間を掛けずに本を選んだ

本当に必要な本に辿り着ける

【登録前】2冊目の本も不満足たけど予算がないから3冊目は買えなかった
【登録後】満足できる本に出会うまで何冊でも試せる

知らないジャンルにも迷いなく飛び込める

【登録前】最近興味がある別ジャンルの本も買いたいけど予算が限られてるから買えない
【登録後】追加出費もかからないので、ためらわずに別ジャンルの本を試した

Kindle Unlimitedに登録して「いつでも18万冊が読める状態」をキープすると、こんな風に残念な状況が解決されるんです。これで月額980円です。悪くないでしょ?

 

ちなみに、私が今利用してる本はこんな感じです。

 

今回の記事は以上です。
Kindle Unlimited、私は良いと思っています。オススメします!